CAPハイシアコーンプレート粘度計CAP

  • JISK5600-2-3 塗料一般試験方法
  • ASTM D4278、ISO2884準拠
  • ハイシェア最大13,000 sec-1での測定が可能
  • ペルチェによる高精度な温度コントロール
  • 少量サンプル(1 mL以下)で測定可能
見積もり・お問い合わせ

ペルチェ温調内臓のコーンプレート粘度計です。高せん断速度での評価が必要なインク、ペイント等の印刷特性の評価・品質管理に最適です。
装置本体は、CAP1000+とCAP2000+の2機種があります。CAP1000+は回転数固定で、品質管理向けです。CAP2000+は 5~1000 rpmの範囲で回転数を変えて測定することが可能です。さらに、CAP2000+はCapcalcソフトウェアを追加することにより、フローカーブ測定及び流動解析が可能になります。各機種とも中高粘度用のハイトルク仕様と、低粘度・ローシェア用のロートルク仕様から選択できます。

製品詳細

CAPシリーズは、回転数制御方式、トルクタタイプ、温度範囲によってシステムが異なります。 * 御注文時に回転数モデルを御指定下さい。100 rpmや400 rpmなど規定値以外の回転数にも対応可能です。

Capcalc32ソフトウェア(CAP2000+用):フローカーブ測定及び流動解析

スピンドル

サンプルに応じて、サイズの異なる5つのタイプから選択できます。

続きを読む 情報を閉じる
仕様 CAP
回転数 5~1000rpm(CAP1000は750または900rpm
トルクタイプ 低トルクタイプ 7,970 dyne・cm または  高トルクタイプ 181,000 dyne・cm
ペルチェ温度範囲 低温タイプ 5~75℃ または 高温タイプ 50~235℃
動作環境温度 5~40℃
動作環境湿度 20~80%RH(結露しないこと)
電源 100V 50/60Hz
寸法(W×D×L) 240×280×450mm
重量 12.3kg
オプション
  • 比較する:
  • KF40
  • KU-3

ダウンロード

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6715

物性分析機器事業部
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)