t100、t15、Dynotester動的表面張力計 シータシリーズ

  • 低粘度溶液(100cP以下)の評価に特に有効です。
  • スタンドアローンで使用できます。
  • ハンディタイプのコントローラーで現場持ち込みが可能
  • サンプルの温度を常時モニタリングできます。
  • PCからの装置制御が可能(ソフトウェアはオプション)
見積もり・お問い合わせ

バブルプレッシャー型の表面張力計シータは界面生成時間が短い(動的な)状態での表面張力を測定できます。界面活性剤やスプレー特性などの評価に最適です。

主な用途

・界面活性剤のキャラクタリゼーション ・印刷・コーティング特性、スプレー特性の評価 ・界面活性剤の濃度管理

測定原理

【SITA原理図】液中に気泡を発生させ、その気泡にかかる圧力から表面張力を測定します。気泡生成時間(バブルライフタイム)を変化させることで、液体の動的な界面活性能の評価も可能です。

アクセサリー

【キャピラリー写真】 ・各種キャピラリー PEEKⅠ、PEEKⅡ、ガラスキャピラリー、ディスポーサブルキャピラリー(PTFE) ・温調用二重壁ガラス容器 ・酸保護キット(装置導入時にご相談ください)

アプリケーション

オートモード:バブルライフタイムを変化させて表面張力を測定するモードです。 静的表面張力が低いものが動的表面張力も低いとは限りません。界面活性剤を使用する場合、動いている系での表面張力を知ることも重要です。界面活性剤のキャラクタリゼ―ションに有効です。 【オートモードグラフ】 オンラインモード:バブルライフタイムを固定し、一定間隔で表面張力を測定するモードです。 界面活性剤の濃度のモニタリングや表面張力の時間変化を追うのに最適です。 【オンラインモードグラフ】 シングルモード:バブルライフタイムを設定し、表面張力を測定するモードです。 1回ごとの測定値を読み取る品質管理などに有効です。 【シングルモード データ例】

動的表面張力計 SITAシリーズ

測定範囲・測定モードが異なる3種の装置があります。 【機種の違い表】

仕様

【t100仕様】 【t15仕様】 【Dynotester仕様】

続きを読む 情報を閉じる
仕様 t100、t15、Dynotester
オプション
  • 比較する:
  • SVT15N、SVT20N

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6715

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)