SP2ブラックカーボン粒子数測定システム

  • 原理 レーザー誘起粒子白熱は、粒子の混合状態に関係なくブラックカーボンを測定します。白熱光は、ブラックカーボンの質量と相関します。
  • Nd:YAGレーザーを照射すると、エアロゾル中のカーボン粒子はエネルギーを吸収し、加熱されることで発光します。この光を計測することでブラックカーボンの質量、粒子径、蒸発熱、コーティングについての情報を得ることができます。
  • 主な用途 ・大気汚染源の特定  定点観測  移動観測  発生源からの発生量評価
  • 単一粒子を測定することにより、光学的な特性や、健康への影響について正確な情報を得ることができます。
  • 雪、氷、水に含まれる、すすの測定
  • エサロメーターなど、他のブラックカーボン測定機器の検証
見積もり・お問い合わせ

SP2は、単一粒子レーザー誘起白熱法により、エアロゾルからカーボン粒子を選択的に計測し、質量分布、粒子径分布を算出することができます。
従来のフィルターで補集した粒子を計測する方法では、短時間での濃度変化やサイズなど、カーボン粒子の情報を得ることはできませんが、SP2では、レーザーにより、リアルタイムでカーボン単一粒子の情報を得ることができます。

大気環境評価 
気象、気候へのカーボンの影響評価
ブラックカーボンの発生量

エアロゾル粒子中のブラックカーボンの質量、粒子径を測定 ブラックカーボンを単一粒子として測定 フィルター補集の必要がないため、リアルタイムで計測可能 最大25,000粒子/秒までカウント

 

 

続きを読む 情報を閉じる
仕様 SP2
測定パラメーター 単一粒子レーザー白熱光
単一粒子光散乱
派生パラメーター ブラックカーボン 質量分布/粒度分布
測定粒子サイズレンジ 白熱:70−500nm (粒子の密度による)
質量相当直径は、密度1.8 g/cm 3ブラックカーボンとして計算
光散乱測定:200ー430nm
ブラックカーボン測定下限 10 ng/m3 0.3 fg/particle
エアロゾル媒質 空気 0−40℃
レーザー Nd:YAG Laser: 1064 nm
流量 30−180 cm3/min
通常は120 cm3/minに設定
サイズ 480/610/260 mm
重量 26.1 kg
測定環境 温度:0-40℃
湿度:0-100%
オプション
  • 比較する:
  • Aeroselect
  • Partector2
  • PAX
  • SP2XR
  • WIBS NEO

アプリケーション

  • ナノ粒子のモニタリング

    ナノ粒子の工業利用とともにナノ粒子の人体への影響が研究されてきています。 Partector2は、拡散荷電技術と誘導電流計測技術を使用して、光学的または質量ベースの方法には小さすぎる粒子(10 nm~)まで検出し、モニタリングします。、出力は、肺沈着表面積(LDSA)(m2/cm3)です。 これは、呼吸により取り込まれた粒子のすべてが肺に沈着するわけではなく、また小さすぎる粒子は粒子表面で肺および血流の奥深くに毒素を輸送するという考えにより、ナノ粒子モニタリングにおいて人体への影響に関係する指標の1つとなりうる可能性を持っています。

    詳しくはこちら

  • エアロゾル(ナノ粒子)の粒子サイズ分布評価

    大気中には、大小様々な粒子が浮遊しており(1nm〜100μm)、これらの浮遊粒子はエアロゾルと呼ばれています。エアロゾルは、呼吸により人体に取り込まれる際に、比較的大きな粒子(10μm以上)は上部軌道に付着し、小さな粒子(1−10μm)は下部気道から肺にまで達します。さらに小さいナノ粒子は肺の奥深く肺胞にまで達すると言われています。このようにエアロゾルは、粒子サイズが小さいほど、人体の奥深くにまで達することから、ナノ粒子の健康への影響が懸念されています。

    詳しくはこちら

全てを表示する 情報を閉じる

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6715

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)