VisualizerTLCビジュアライザー2

  • 高分解能でリニアリティーのよいCCDカメラを使用
  • visionCATSソフトウェアでの条件設定・操作
  • プレートのイメージを分析条件と一緒に1つのファイルに保存
  • パラメーターによりすべての照明モードでの自動画像調整が可能

展開した薄層板を撮影する装置です。薄層板に均一に光が照射されるため、見たままのTLC画像を記録することができます。

ビジュアライザーでの撮影例

画像比較(オプション)

プレート内のトラック間やプレート同士のトラックの比較が一つの画面上で行うことができます。

高分解ドキュメンテーション(オプション)

低ノイズ、ハイダイナミックレンジイメージと幅広い画質処理をサポートします。 同一プレートの非常に明るいスポット、淡いスポットを分けて同時に検出します。

続きを読む 情報を閉じる
仕様 Visualizer
寸法 W500, D600, H650 mm
重量 17kg
電源 100–240 V; 50/60 Hz; 50 W (撮影装置) / 3.5 W (カメラ)
カメラ接続 USB 3
オプション
  • 比較する:
  • ADC2
  • AMD2
  • ATS4
  • Glass Reagent Sprayer
  • Linomat5
  • Nanomat4
  • Plate Heater 3
  • smartAlert
  • TLC Scanner 4
  • Twin trough chamber
  • UV Lamp 4

ダウンロード

アプリケーション

  • 薄層クロマトグラフィー HPTLC

    薄層クロマトグラフィーはガラス板等の支持体にシリカゲルやアルミナを薄く敷いたプレートを用いて、混合物を移動相で分離する方法です。この方法は古くから行われている手法で、天然物や未知の物質の分離や、多種類の物質を同時に分析、視覚的に分離を確認することが可能です。ただ外的要因を受けやすいため再現性が取りにくく定量分析には向かないとされることが多いです。

    詳しくはこちら

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6715

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)