TA.XT ExpressCテクスチャーエクスプレス

  • 高性能、高機能なテクスチャーアナライザー
  • コストパフォーマンスに優れ、品質管理に最適
  • マクロ機能で測定結果を自動解析
  • 品質管理向けに装置を小型化
見積もり・お問い合わせ

TAXTplusをもとに開発された、品質管理向けにコストパフォーマンスの優れたタイプです。Plusタイプと同じプローブをご使用いただくことができます。

主な用途

食品、化粧品、医薬品の食感、感触、機能を数値化 タック性、引きはがし、圧縮、引張り、曲げ強度試験 研究開発/品質管理

豊富な冶具

食感や感触を数値化するためには、装置上で食感や感触を感じているときに起こる現象を再現させる必要があります。テクスチャーアナライザーには、200種類を超えるプローブ、治具が用意されており、この現象を再現できるプローブ、治具をご提案できます。

直感的で使いやすいソフトウェア

測定条件の設定、キャリブレーション、グラフ表示等、テクスチャーアナライザーのソフトウェアでは、高精度な測定をサポートするため、多くの機能を備えています。日本語化によりこれらの機能をより簡単にご使用いただくことができます。

続きを読む 情報を閉じる
仕様 TA.XT ExpressC
最大荷重 10kg・f(100N)
表示荷重分解能 0.1g
ロードセル 0.5,5,10kg
スピード設定 0.01~10mm/s
最大移動距離 Express490 130mmExpress650 285mm
サンプルステージからアームまでの最大距離 Express490 210mmExpress650 370mm
距離分解能 0.1mm(100μm)
データ取込速度 最大400ポイント/秒
サンプルステージサイズ 247×228mm
装置寸法幅×奥行×高さ Express490:280×540×490mmExpress650:280×540×650mm
オプション
  • 比較する:
  • TA.HDplusC
  • TA.XTplus100C
  • TA.XTplusC
  • Texture Analyser probe
  • Volscan

ダウンロード

アプリケーション

  • 食品の硬さの評価

    テクスチャーアナライザーではロードセルと呼ばれる荷重を検知するセンサーに治具を取り付け、その治具でサンプルを押したり、引っ張ったりしたときにかかる荷重や応力を測定することにより、硬さの評価を行うことが出来ます。硬さは幅広い業界・製品にとって重要な物性になりますので、研究開発、品質管理、製造過程、様々な場面で測定されています。

    詳しくはこちら

  • 嚥下困難者に向けた食品の測定

    テクスチャーアナライザーではロードセルと呼ばれる荷重を測定するセンサーに治具を取り付け、その治具でサンプルを押したり、引っ張ったりしたときにかかる荷重や応力を測定することにより、硬さ、付着性などの評価を行うことが出来ます。近年市場が拡大しつつある嚥下困難者向けの食品の規格分類において、このテクスチャーアナライザーでの測定値が使われています。

    詳しくはこちら

全てを表示する 情報を閉じる

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6715

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)