MS-21精密赤外放射計

  • 5年間保証、2年毎の再校正を推奨
  • シリカゲルのチェック・交換不要 (再校正時に交換)
  • 低レベルのオフセット
  • 高精度の温度センサー内蔵 (クラスA, 4線式)
  • 世界赤外放射基準群 (WISG) にトレーサブル
見積もり・お問い合わせ

赤外放射計は、地表面や地球大気・雲などから放射される長波放射量を測定する測器です。
気象学上では、0.3~4.5μmくらいまでの波長の光を短波放射(日射)と呼び、それ以上を長波放射と呼んでいます。地球放射として観測される赤外放射の大半は波長4μ以上の長波領域にある。

本器は、特殊コーティングされたシリコンレンズを備えており、短波放射成分を完全遮光し、長波成分だけを測定するようになっている。 MS-21ではシリコンレンズをメニスカス形状にすることで、180°の視野角を確保しつつ、レンズで受けた放射を受感部にロスなく伝え、誤差を減らすようになっています。

仕様 MS-21
測定波長範囲 4.5 ~ 42 µm
感度常数 10 ~ 20μV/W/m2
応答時間 (95%) < 18 秒
非直線性 <1%
温度特性 (-20~+50℃) <1%
使用温度範囲 - 40 ~ +80 ℃
視野角 180°
受感部温度素子 PT-100
ウインドヒーティングオフセット <4W/m2
ケーブル長 10m
オプション
  • 比較する:
  • 2300A
  • 3670
  • 3671
  • 3913
  • LS-100
  • MC-11
  • MC-20
  • MF-11
  • ML-01
  • ML-02
  • ML-020P
  • ML-020SI
  • ML-020SO
  • MS-093
  • MS-10S
  • MS-11S
  • MS-321LR
  • MS-402
  • MS-402F
  • MS-40A
  • MS-40C
  • MS-40M
  • MS-40S
  • MS-57
  • MS-60
  • MS-60A
  • MS-60M
  • MS-60S
  • MS-701
  • MS-713
  • MS-730
  • MS-80
  • MS-802
  • MS-802F
  • MS-80S
  • MS-90
  • MXシリーズ
  • PA-01
  • Partector2
  • STR-21G
  • STR-21G-S System
  • STR-21G-S System
  • STR-22G
  • STR-32G
  • WISER2(MS-711)
  • WISER2(MS-712)

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6714

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)