WINDCUBE V2.1ドップラーライダーシステム

  • 高精度な風況プロファイル観測を実現
  • 低消費電力・コンパクトボディ・フィールド計測に最適
  • 上空300mまでの観測。DNV-GL校正品の提供が可能
  • 浮体搭載型もラインナップ
  • 国内約300台の納入実績
見積もり・お問い合わせ

WINDCUBEは1.54μm アイセーフ・パルスレーザーを光源とした上空の風況を観測するドップラーライダーです。コンパクトサイズのため移動観測が可能となり、PC内臓、耐候性シールドにより長期屋外観測を実現しました。また光学系を改良し上空300m、20高度の高精度観測を実現しました。測定精度は風力発電業界の認証機関DNV-GLによりステージ3(商用利用可能)にランク付けされIECに完全に準拠しております。

WINDWEB画面

ブラウザでデータ管理も可能

続きを読む 情報を閉じる
仕様 WINDCUBE V2.1
計測高度(大気の状態に依存) 40~300m
データサンプリング時間 1秒
測定高度数(1m刻み) 20高度
高度分解能 20m
計測範囲 水平風向:0~360度、水平風速:0~55m/s、視線風速:±55m/s
水平風速精度 0.1m/s
インターフェース イーサネット、3G/LTE通信
電源 DC25.3V(AC用電源装置、AC100V用変圧器付属)
消費電力 最大約100W(45W@25℃)
使用温度範囲 -30~45℃
防滴性能 IP67
寸法・重量 640x550xH640mm、45kg
オプション
  • 比較する:
  • 81000
  • 86000
  • FASシリーズ
  • MA-110
  • MA-120
  • uSonic-3
  • WS200

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6714

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)