PAXブラックカーボン粒子濃度測定システム

  • 原理
  • ダイオードレーザー光の吸収と散乱を同時に計測します。 粒子は光の吸収により加熱され、熱は周囲の空気に伝播します。周期的な加熱により圧力波が生成され、これを高感度マイクで検出し粒子の吸光度を算出します。 散乱係数は、粒子によって散乱された光をフォトダイオードで計測します。 870 nm のレーザー光は、ブラックカーボン以外の粒子による吸収が比較的少ない波長であることから、ブラックカーボンの光吸収特性のデータから、ブラックカーボンの質量濃度を算出することができます。
  • 主な用途
  • 大気汚染源の特定  定点観測 移動観測 発生源からの発生量評価
見積もり・お問い合わせ

エアロゾル粒子による太陽光の吸収、散乱は気象や気候に大きく影響を与えます。PAXは、エアロゾル粒子の吸光係数、散乱係数をリアルタイムで計測し、粒子散乱アルベドを算出します。また、光音響分光法による、エアロゾルの吸光特性から、カーボン粒子の質量濃度を算出することができます。
フィルターで補集した粒子を計測する従来の方法では、短時間での濃度変化を計測することができませんが、 PAXはリアルタイムでの計測が可能であり、市街地を移動しながら、カーボン濃度を測定することができます。

大気環境評価 移動観測
気象、気候へのカーボンの影響評価
ブラックカーボンの発生量

続きを読む 情報を閉じる
仕様 PAX
測定パラメーター 光の吸光係数、光の散乱係数
補助パラメーター 温度、圧力、相対湿度
派生パラメーター ブラックカーボン質量濃度
単一粒子散乱アルベド
減衰(透過?)係数
露点
測定範囲 吸光、散乱 < 1 Mm -1 - 10,000 Mm -1 (870 nm, 60 sec. averaging)
レーザー 870 nm, 1.4 W (standard); optional 405 nm and 532 nm
流量 1L/min ダイアフラムポンプ 
臨界オリフィス
応答時間 10秒以下 1秒/データ
平均データ出力時間 1s、10s、60s
データ保存 最大200日分
サイズ 180/480/610 mm
重量 18 kg
オプション
  • 比較する:
  • Aeroselect
  • Partector2
  • SP2
  • SP2XR
  • WIBS NEO

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6715

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)