薄層クロマトグラフィー HPTLC

これまでの薄層クロマトグラフィー(TLC)

薄層クロマトグラフィーはガラス板等の支持体にシリカゲルやアルミナを薄く敷いたプレートを用いて、混合物を移動相で分離する方法です。この方法は古くから行われている手法で、天然物や未知の物質の分離や、多種類の物質を同時に分析、視覚的に分離を確認することが可能です。ただ外的要因を受けやすいため再現性が取りにくく定量分析には向かないとされることが多いです。

HPTLCとは

HPTLC(High Performance TLC)は、メソッドの標準化、検証方法をも確立させた方法で、TLCが手動で行う分析に対して、粒子径の細かいHPTLCプレートや各工程に適した機器を使用することで、再現性、分離能の良い結果をもたらすことが可能です。CAMAG社のHPTLC装置は工程ごとに、誰でも同じように、環境を揃えて分析を行える装置となっております。共通のソフトウェアで一貫した管理が可能で、21 CFR Part 11にも対応することができます。

HPTLCの流れ

  • 1

    塗布

    オートマチックTLCサンプラー4 ATS4はサンプル塗布工程を完全に自動化した装置です。自動でバイアルからシリンジに充填し、窒素ガスにて吹き付けながらサンプルを薄層板に塗布します。その後は自動洗浄して次のバイアルに移ります。分離を良くするため、バンド状での塗布が可能です。誰でも同じように塗布することが可能です。

  • 2

    展開

    自動展開槽 ADC2はプレコンディショニングから指定距離までの展開、乾燥までを自動で行う展開槽になります。湿度コントロールユニットをつけることも可能で、季節による湿度による誤差を減らすことができます。

  • 3

    誘導体化

    デリバタイザーは透明な容器の上部に置かれているスプレーヘッドにて発色試薬を微細で均一に噴霧します。クローズ空間での操作となりますのでドラフトを汚すことなく噴霧が可能です。2~4 mLの少量で噴霧することができ、再現性が高く誰でも同じように噴霧することができます。

  • 4

    評価

    TLCスキャナー4は薄層クロマトグラムおよび20×20cmまでの大きさのもののデンシトメーターです。波長範囲は190 – 900nmで吸光または蛍光モードでの反射光を検出します。装置で塗布したTLCプレートであれば定量分析も可能です。

  • 5

    記録

    "TLCビジュアライザー2はTLC/HPTLCプレートの画像を見た目通りに効率よく記録します。露出時間の自動制御により再現精度の高いイメージを得ることが出来ます。 デジタルカメラでは色合いが変わってしまうものも、見たままの色合いでの撮影が簡単に行えます。白色光、254nm、366nmの光を照射しながら撮影が可能で、 迅速に直感的に使えます。 "

  • 6

    質量分析

    TLC-MSインターフェース2はTLC/HPTLCプレー上で分離した各成分をプレート上で直接抽出し、オンラインで質量分析計へ送ります。お手持ちのLC-MSにLC用フィッティングで繋ぐだけでTLC-MSとして使えます。イオン化法、MSの方式を問いません。

①塗布 バンド状に塗布

 

 

②展開 プレート活性(相対湿度)による分離の影響

 

 

③誘導体化

 

 

④評価 クロマトグラムを3Dで表示、定量分析

 

 

⑤記録 他のプレート同士の比較

 

 

⑥質量分析装置との接続

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)