MA-120プロペラ式風向風速計

  • 一般的に使用されている風向風速センサー
  • プロペラの回転を交流発電機に伝え風速として出力
  • 垂直尾翼の動きをポテンションメータにてとらえ風向として出力
  • 小型で経済性に優れ、かつ高精度
見積もり・お問い合わせ

プロペラ発電式のセンサーです。プロペラの回転を交流発電機に伝え、風速に比例した交流発電を出力します。又、垂直尾翼の動きを、胴体内にある2個のポテンショメーターに伝え、方位角に比例した2種類の直流電圧を出力します。この電圧は、それぞれ方位に換算して361°の位相差を持っています。

仕様 MA-120
測定範囲 風速 :0~40m/s 起動0.4m/s        風向 :0~360°      
検出方式 風速 :交流発電機  風向 :1連ポテンショメーター
変換出力 0~1V
精度 風速:5m/s以下 0.3m/s以内5m/s以上 ±5%以内
風向:±5°以内
耐風強度 45m/s
変換器 MI-360 (表示機能なし)
MI-380 (表示機能あり)
用途 大気環境観測用
オプション
  • 比較する:
  • 81000
  • 86000
  • FASシリーズ
  • MA-110
  • uSonic-3
  • WINDCUBE
  • WS200

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6714

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)