[材料評価] 屋外ばくろ試験

屋外材料暴露試験

プラスチック、金属など各種材料は、紫外線や熱、大気中の科学的反応などにより劣化し、外観が変化したり、強度が弱まる等の変化を生じます。一般的な材料の劣化の評価方法として、屋外で太陽光のもとで暴露して観察する方法があります。劣化のプロセスを数値化するにあたり、影響するパラメータを測定する必要があります。

構成機器

写真の機器では、紫外放射UAVおよびUVB、日照時間、全天日射量、4垂直方向日射量、傾斜面日射量、分光放射、結露、風向風速、温湿度、雨量など、様々な気象要素を計測します。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)