飲料の粘度測定

飲料の評価

お茶など粘度が低いことで飲みやすいと感じたり、飲むヨーグルトなどの少し粘度を持たせることで高級感を得たり、飲料の粘度は風味や質感、飲み心地に影響を与えると言われています。また粘度は温度によって大きく変動するため、温度管理が重要になります。一方で、一般的な飲料は、水のように粘度が低いため、精度良く粘度を測定するためには、低トルクタイプの粘度計が必要になります。

粘度測定

ブルックフィールドの回転式粘度計は、試料と接触したスピンドルをある回転数で回転させるために必要なトルクを粘度値に換算して計測します。速度に応じた流動特性を求めることが可能です。少量サンプルアダプターやUL低粘度アダプターのような共軸二重円筒型のオプションは単一円筒形に装着することで変更可能なことが多く、少ないサンプル量でせん断速度も算出できます。スピンドルサイズが豊富にあり、広い粘度範囲を測定可能です。

飲料の測定

  • 1

    低粘度でも測定可能

    低トルクタイプの粘度計LV タイプとUL アダプターの組合せでは、水に近い粘度のサンプルでも正確に測定することができます。牛乳と低脂肪牛乳の粘度の違いも見ることが出来ました。

  • 2

    温度による粘度の違い

    UL低粘度アダプターに循環恒温槽を繋げることで、設定温度での粘度測定を行うことができます。 ピーチジュースを4, 25℃で測定しました。グラフ青が4℃、グラフ赤が25℃の結果となります。4℃で測定した方が、25℃で測定したときよりも粘度が高いことがわかります。また回転数が高いほど粘度が低くなる傾向も見られ、非ニュートン流体であることもわかります。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)