[都市気象] 都市部周辺の独特の現象を捉える

都市部周辺の独特の現象を捉える

都市部周辺で起こる独特の気象現象を様々な機器を利用して観測し、都市計画から住環境評価を評価します。

放射収支研究

放射収支は、地球に入ってくる全てのエネルギーと地球から出ていく全てのエネルギーの物理的なシステムであり、地球が得るエネルギーの合計と放出するエネルギーの合計は等しく、均衡が保たれています。 地球温暖化の研究などで、放射収支計測は重要であり、このために全天日射、直散日射、赤外放射、長短波放射などの各種計測機器が使用されています。

ゲリラ豪雨とヒートアイランド現象

  • 1

    ゲリラ豪雨の発生状況を監視

    都市部の特徴的な気象現象として、局地的な豪雨が発生することがあります。こうした雨の降り方を観測し、予報技術や防災に繋げられる観測システムのご提案を行います。

  • 2

    ヒートアイランド現象のメカニズムの解明

    ビルが林立する都市地域では、地表面の温まりや空気の流れからヒートアイランド現象が発生することがあります。これらの現象を適切に捉え、現象解明に繋げられるようなシステムをご提案します。

  • 3

    ビル風の影響

    建造物の位置によって風が強く吹いたり、吹き溜まりのような状況が発生してしまうことがあります。こうした現象を計測できる機器を取り揃えています。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)