製品情報

溶液分散安定性とは

液体中に分散している粒子の動きを計測します。エマルション、サスペンション、ポリマー溶液など、分散系溶液は、非常に不安定であり、製造直後から分離(沈降、クリーミング)、凝集、析出など様々な変化を起こします。通常これらの安定性の評価には、数日から数ヶ月静置し目視による観察が必要となります。これまでの評価法は、これらの変化が目視等で観察できる程度まで長時間静置する必要がありました。 スタビリティーテスターでは、光学的な測定により微少な濃度や粒径変化を捉え留ことができるため、短時間で材料安定性を判断することができます

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6715

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)