晴天時と曇天時における太陽放射量と環境変化の相関 ~全天分光放射測定(可視+近赤外)

晴天時と曇天時における太陽放射量と環境変化の相関

太陽放射量が変化することにより、住環境や車内環境、建材等に与える熱エネルギーが変化します。 この変化は晴天時や曇天時で大きく異なります。 この違いをスペクトル波長別に評価することにより、気温の変化、建材の変質、塗料の性能評価に役立てる事ができます。

全天候型回折格子分光放射計MS-711は様々な研究においての連続的な屋外測定に適した分光放射計です。測定波長範囲は350~1050nmに対応しており、PAR(光合成有効放射、W/m²)、フォトン(µmol·m-2·s-1) や、Lux(lux)、およびSi-PVモジュールの感度範囲等を計算する有効な帯域をカバーしています。

MS-711は放射量・エアロゾルの観測・研究や、植生、海洋の色等の調査や研究に活用されています。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)