紫外線による材質変化や日焼け止め,化粧品の性能評価 ~全天紫外分光放射測定(UV)

紫外線による材質変化

太陽から降り注ぐ強力なエネルギーを持つ紫外線は、建築資材や自動車など、様々なものを変質させます。 この変質を周辺の環境変化と合わせて評価することにより、経年劣化の度合いを評価する事ができます。

日焼け止めや化粧品の性能評価

紫外線による皮膚へのダメージを抑えるための日焼け止めや、日常的に使う化粧品の紫外線による材料変質の評価に利用する事ができます。 特に波長別の強度を観測できるので、日焼けの原因となるUVBの放射強度を精度良く評価することができます。

全天候型回折格子分光放射計MS-701は、連続的な屋外測定用の分光放射計です。300~400nmの波長範囲、すなわちUV(紫外線)域に対応しており、付属のソフトウェアにより、自動的にUV-AおよびUV-Bを算出する事が可能です。MS-701は建築物の原料や塗料の曝露試験、人体に有害なUVの影響の研究等での使用に適しています。フィルター型のUV放射計に比べ、分光放射計はUV-AおよびUV-Bスペクトルまで明示する事が出来るため、より精細な計測が可能です。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)