可視光線周辺の光環境評価 ~携帯型分光放射測定

可視光線周辺の光環境評価

植生や植物の光合成の状態をより細かく評価するために、分光放射計を利用する事で効果的に計測データを集める事ができます。 特に携帯型分光放射計は携帯性に優れているため、移動観測や短期間の定点観測に適しています。 群落内の波長分布や特定のエリアの反射強度を計測する事で、植生分布や収量評価に役立てる事ができます。

材料や、植物、水や大気等の反射や透過の計測は、生物学や物理、化学的プロセスにおいて貴重な情報源となります。携帯型分光放射計MS-720では、350~1050nm間のスペクトル範囲で多様なアプリケーションに対応可能です。

MS-720は乾電池により動作し、本体に搭載されているLCD画面により単体での使用が可能なため、分光放射の屋外調査等にも適しています。オプションのGPSユニットにより、計測場所を特定する事も可能で、内蔵メモリには、800個までデータを保存する事が出来ます。衛星・航空リモートセンシングデータの地上検証や可視から近赤外域の分光測定に最適です。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)