光害の監視

照明器具の特性評価

照明器具により、光の拡散や強く照射される場所が異なります。 オフィスなどの照明器具では、放射角や拡散板の有無によって人が感じる明るさが異なるため、JISで決められた規格があります。 照明器具の特性を正確に評価することによって、効率的な光環境を創出でき、快適な住空間や適切な照明効果を生み出すことができます。

住空間における光環境評価

人の目で感じる照度と太陽から降り注ぐ日射量は異なり、直達光だけでなく、散乱光によっても大きく変化します。 室内などの閉鎖された空間では、壁紙やタイル、照明カバーによって明るさが変わります。 こうした壁紙材やタイルの評価、照明カバーの材料選定に活用できるシステムを提案します。

光害は、大都市や工業地帯などでは微妙な問題です。光害により一日のサイクルに変化が起き、人々の生活や動物の生命に大きく影響します。暗闇が無くなってしまった場合、一部の生物の摂食や繁殖に大きな影響を与えます。光害が生命体に及ぼす影響を理解するために、研究者による様々な調査が行われています。光害を数値化するには、照度の計測(ML-020S)を行うことで、一日のサイクルの変動を測ることができます。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)