太陽光スペクトルの季節的変化、時間的変化の測定

分光放射計を用いて、季節的、時間的変化を比較した。

観測データによるグラフを以下に示す

・南中時刻から日の入りまで段階的に分光放射量が減少している。

・4月中旬と10月下旬では,O2分子による760nm帯,H2O分子による
950nm帯に差が認められる。

・PAR,光量子束,照度等を容易に算出できる。

 

利用できるモデル

・MS-711
・MS-701

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6711

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)