MF-11A放射収支計

  • 日射(短波放射)と赤外放射(長波放射)を含めた放射収支量を測定
  • 受感部は、熱電堆で薄いポリエチレンドームで保護
  • 有効放射計(MF-11A)は片側の放射のみを測定
見積もり・お問い合わせ

地表面に入射する放射の主なものは、日射と水蒸気や炭酸ガス、さらに雲から放出される赤外線です。これらの成分の収支量を測定するのが放射収支計です。受感部は、熱電堆で薄いポリエチレンドームで覆われています。

ポリエチレンドームの外表面には送風器により一定速度の空気を流し、内部には除湿された空気を送り、結露を防止しています(MF-11型)。
又、有効放射計(MF-11A)は片側の放射のみを測定します。

仕様 MF-11A
波長範囲 0.3 ~ 31 µm以上
感度 約 35 mV/kW・m-3
約20秒 (1-1/e追従)
約 90 Ω
使用環境 - 15 ~ +40 ℃
計測精度 ± 5%
寸法 受感部:38×38mm
本体部:D640×W210×H210mm
重量 本体部:約7.6㎏
電源 AC100V、50/60Hz、約55W
オプション
  • 比較する:
  • MF-11
  • MR-60
  • MS-202
  • MS-202F

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6714

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)