MS-202F精密赤外放射計

  • 4μm以上の長波放射を測定
  • 気象では大気放射(雲、水蒸気、CO3等による放射)、地球放射(地表面からの放射)を測定
  • サーミスタを組み込んだ温度補償回路によりセンサーより放出される放射量を自動的に出力に加え、真の放射量を測定
  • 強制対流装置付で冬期の霜・雪を防御
見積もり・お問い合わせ

入射する放射量はシリコンドームにより、3μm以下の波長(日射)をカットし、4μm以上の波長のみ透過します。サーミスタを組み込んだ温度補償回路によりセンサーより放出される放射量を自動的に出力に加え、真の放射量を測定します。

仕様 MS-202F
感度 約4mV/kW・m-2
内部抵抗 約300Ω
応答速度(95%) <3%
非直線性 ±1%
波長範囲 3μm ~50μm
受感部温度素子 Pt-100Ωまたはサーミスタ
電 池 リチウム電池、寿命7ヶ月 (サーミスタ使用の場合)
使用環境 -20 ~ +40℃
寸法 180φ x 140H mm
重量 約 3kg
電源 DC12V 0.17A 又はAC100V 50/60Hz 12/10W
オプション
  • 比較する:
  • MF-11
  • MF-11A
  • MR-60
  • MS-202

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6714

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)