LPシリーズソーラーシミュレータ

  • AAAクラスのソーラシミュレータ
  • 新設計の光量フィードバック機能を搭載し、安定した照射が可能
  • JIS8912(結晶Si系)、JIS8933(アモルファスSi系)ともに、長時間の安定したスペクトル合致度を維持
  • I-Vカーブトレーサ、分光放射計など弊社製品と合わせてシステム化が可能
見積もり・お問い合わせ

本装置は、主にキセノンランプを使用し、エアマスフィルターによる太陽光に近似した光源部、制御部及び計測処理装置により構成されています。ランプの光量変化を常時モニターして、長時間一定の光量を維持する光量フィードバック機能を有する光源装置です。 その光を太陽電池に照射し特性評価に使用されるものです。太陽電池測定用ソーラシミュレータの性能は、JIS C8912(結晶系)およびJIS C8933(アモルファス)にスペクトル 合致度、照度ムラ、時間変動率の等級の分類(A~C級)および測定方法が記載されています。本シリーズはこれらJIS規格に準拠しています。英弘精機では、以下のソーラシミュレータをラインナップしています 。また、周辺機器を含めたトータルシステムサポートも行っております。

お問い合わせ・ご相談 03-3469-6714

日射計相談窓口 0120-208-685
受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝休み)