英弘精機株式会社 > 風力発電 > 製品情報 > ナセル搭載風向風速計

ナセル搭載風向風速計

風力発電用の風車は、風向きに応じてハブが常に正対するようにコントロールされていますが、これをヨー制御と呼びます。ヨー制御は経年変化などで角度ずれが生じることもあり、そのために本来得られる発電量よりも小さくなってしまうことがあります。

このために、風車のナセル上に風向風速計を設置し、計測・補正に使用されることがありますが、ブレードの後ろになるため、ナセル上では、風車に向かってくる風を必ずしも正確に計測しているとはいえません。

ドップラーライダーをナセル上に設置し、レーザーを水平に出射することにより、ハブの前方の風向風速を高精度に計測ができ、ヨー制御の正確な補正が可能です。このナセル搭載型の風向風速計をご紹介します。

製品一覧

ドップラーライダーシステム WIND IRIS
1

WIND IRISは、風力発電の風車のナセル上に設置し、ナセル前方より風車に入ってくる風を計測するドップラーライダーです。

風車風向きに応じて方向を変えるヨー制御を正確に行うために...

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments