英弘精機株式会社 > 太陽光発電 > 製品情報 > 太陽電池評価 > 紫外放射計

紫外放射計

太陽電池は屋外で長期間暴露され稼働するため、太陽電池の各種部材の紫外線に対する耐性を評価することは重要です。MS-212Aは、UV-A(315~400nm)の波長を測定、MS-212Wは、UV-B(280~315nm)の波長領域の紫外放射量を計測できます。

製品一覧

A領域紫外放射計 MS-212A、B領域紫外放射計 MS-212W
1327

一般気象、農業気象分野に関わらず、紫外線の計測は重要性が増しています。各種工業製品の曝露試験、医療分野など応用範囲は広がっています。
材料の劣化試験には、UV-A(315~400nm)...

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments