英弘精機株式会社 > 太陽光発電 > 製品情報 > 太陽光発電モニタリング > 温湿度

温湿度

気温とは空気の温度の事を指し、日常生活(地上)では地面から1.5mの高さのものを指して気温と呼んでいます。セッシ目盛の単位℃で表わし、地上気象観測では10分の1の位までの値を示しています。
一方、空気中の水蒸気の状態を数量的に表したもので普通、湿度と言えば相対湿度を指します。相対湿度は、水蒸気圧eとその時の気温における飽和蒸気圧Eとから、e/E×100(%)で計算できます。
気温、湿度の観測は従来は百葉箱の中に棒状の乾湿計が多く使われていましたが、最近では観測ポールなどに取り付けた強制通風筒の中に熱電対、白金測温抵抗体、高分子の感部を入れ、室内の記録計などで記録する隔測方式が主流になっています。

製品一覧

日射・気温複合センサー PA-01
PA-01

本器は ISO Second Class に準拠した日射計MS-602とラジエーションシールド付き気温計をコンパクトに一体化した複合センサーです。 太陽光発電サイトの日射強度、気温のモニタ...

詳細を見る
ラジエーションシールド付 気温計・温湿度計 MT-052A(気温)、MT-063A(気温・湿度)
1297

本器は、放射シールドの中に白金測温抵抗体、高分子フィルムが挿入されているものです。

この放射シールドは、あらゆる角度の直射、散乱日射を遮断し、しかも通風に便利な特殊な形をした10枚...

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments