英弘精機株式会社 > 太陽光発電 > アプリケーション > 太陽電池モジュール性能評価

太陽電池モジュール性能評価

1779

通常、PVモジュールの性能試験は、IEC60904に規定されているSTC(標準試験条件)と呼ばれる環境下で行われます。この試験条件は、モジュールの生産工程で用いることが出来るため、便利な試験方法ではありますが、STCを使ってのPV性能の屋内試験では、一つのモジュールの、ある特定の測定条件下での結果しか得ることが出来ません。従って、ラベルに記載されているSTCでの性能値は、現実のサイトでの実際の気象条件下での値を示すものではありません。
特定のサイトでどのモジュールが最適であるかを知るためには、何枚かタイプの異なるモジュールを比較測定し、評価することをお勧めします。

PVモニタリングシステムでは、PVシステム全体のパフォーマンスはもちろん、インバーターやストリング等、それぞれの構成要素の計測も行います。一般的に、PVモニタリングシステムはPVシステムがどの程度の電力を出力しているかをリアルタイムかつ正確にオペレーターに提示しますが、正確な日射センサーを使うことで、システムの健全性を監視することが可能です。

*モジュールストリング:直列に接続されたPVモジュールから一つの電力が出力されている状態

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments