英弘精機株式会社 > 太陽光発電 > アプリケーション > 太陽光発電サイトでの日射量モニタリング

太陽光発電サイトでの日射量モニタリング

MS-410 全天日射計

 屋外での太陽光発電性能評価測定には、様々な方法がありますが、どんな方法においても、基本的には、日射量を入力エネルギーとして、太陽光発電システムがどれだけの電気エネルギーとして出力するかを評価します。

英弘精機のソーラーモニタリングステーション、SMSは太陽光発電サイトでの日射測定に最適です。SMSはお客様のアプリケーションに応じて構成されます。 英弘精機では、広帯域に対応可能な分光放射計やコンパクトな気象センサー、太陽追尾装置、スカイカメラやバッテリー式電源等、を取り扱っております。 またSMSにはお客様のニーズに合わせてプログラム設定が可能な高性能データロガーを備えています。
また、1台で最大48枚のPVモジュールを測定可能なI-Vカーブトレーサーでは、切替器を接続して、I-Vカーブ、パネルの温度、および日射測定が可能になります。 I-Vカーブトレーサーは個別のPCから制御するしデータ収集することが出来ます。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments