英弘精機株式会社 > 環境・気象 > 製品情報 > 熱流・熱伝導計測 > ヒートセンサー(熱流計)

ヒートセンサー(熱流計)

経済的な省エネ対策に熱流測定を

気象機器,熱流計など各種測定器を製造してきた英弘精機が,このほど高精度,高感度の新型熱 流計「MFシリーズ」を開発,発売を開始しました。

熱流測定

熱流計とは熱の流れ(熱流量)を計測するセンサーで、ボイラや燃焼室の放熱伝熱の測定など工場現場のみならず、最近は建物の壁や土中に埋設したりして地 面・大気間の熱の出入りを調査。 また,ペアガラスの断熱性能や、床暖房の効率測定 など建築関係でも広く使われています。

省エネ対策のポイントは、省エネ効果の大きい部分(熱ロスの大きい部分)に絞って投資することです。そのためには省エネ対象設備、装置の部分、部分の温 度、放熱量のきめ細かい測定が必要になります。温度の計測は温度計などにより比較的簡単に行えますが、放熱量の測定は高価な測定器と熟練を要し、難しいものです。

今回の新製品は,熱抵抗基板を貫流する熱流に よって表裏に発生する微小な温度差を,サーモパイルによってmVに変換するもので、構造を工夫し、小型・薄型化し、誰でも簡単に測定できる製品です。

MF-180(感度:0.012mV/(W/㎡))は、高感度で保湿保冷効果、材料断熱性評価、壁や床の熱貫流測定などに最適です。
MF-180M(0.011)は、完全防水型で熱流分布の測定、地中における伝達熱量の測定に最適です。
MF-200(0.006)、MF-190(0.21)は、ボイラ、燃焼室の放熱伝熱、照明や熱源からの放熱、暖房機器の放熱調査などに最適です。

なお、センサーからの出力(電圧)はmVと非常に小さく、またデータを連続で測定することが多いため、データの収録装置(データロガー)が必要となりますが、弊社は最大105チャンネルの使用が可能な熱流計に特化した多チャンネルデータロガーを同時発売しました。

電源は単4乾電池。ボイラなど工場で熱を使用している現場はもちろん、建築関係、建材メーカーなど色々な所で活用できます。建物の壁面や床面の放熱、また人体に取り付け、活動と放熱量の推移なども調べることができます。

ヒートセンサー(熱流計) MF-シリーズ

熱の移動は良く知られているように、伝導、放射、対流の3つのモードにより起こります。 ヒートセンサーを表面 に設置した場合はこの3つのモードを合計して測定し、埋設した場合は伝導による熱の移動を直接測定します。 ヒートセンサーには、種々のものがありますが、測定目的、使用条件に適したセンサーをご選択下さい。 MF-190は大型熱流計で非常に薄く出来ています。よって、大面積の壁などの測定に適しています、最近各地に建築されている省エネ用のモデルハウスの壁全体にタイルを張る如く張り巡らすことにより、壁の各部位の熱流分布や部屋全体からの熱ロスを正確に計測することが出来ます。

製品一覧

ヒートセンサー(熱流計)MF-200
1139

下記のような利用法があります。

  • 様々なランプやその他の光源においての熱効果についての研究
  • 乾燥機、暖房システムなどの加熱効果の調査
  • ...

詳細を見る
ヒートセンサー(熱流計)MF-190
1127

下記のような利用法があります。

  • 床暖房における暖房効果の研究
  • 乾燥機、暖房システムなどの加熱効果の調査
  • 自動車部品における放熱及び熱...

詳細を見る
ヒートセンサー(熱流計)MF-180
1137

下記の評価に適用されます。

  • 断熱性能
  • 保温及び断熱
  • 冷蔵・冷凍庫側壁の熱損失
  • 保温工事後の断熱及び保温
  • ...

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments