英弘精機株式会社 > 環境・気象 > 製品情報 > 気象要素(風・温湿度・雨雪・気圧)計測 > 気圧

気圧

気圧計は古くは晴雨計として使用していたように、天気の重要な指標と、天気予測では欠くことのできない気象要素です。
気圧を表す単位としては長年ミリバール(mb)を用いてきたが、1953年にヘクトパスカル(hPa)を用いることが国際的に定められた。CGS単位系のmbと国際単位系(SI)のhPaとは単位は違っても数値は等しく、例えば980mbは980hPaです。気圧は高度とともに対数的に減少し、5kmの高さでほぼ半減します。高所ほどそれより上空にある空気が少なくなるからです。
気圧計にはフォルタン型水銀気圧計、アネロイド型気圧計が多く使われていますが、必要に応じ振動式の気圧計も使われています。

製品一覧

気圧計 MY-021
1303

本気圧計はシリコン静電容量式絶対圧センサが使用されております。屋外への設置が可能で、動作温度範囲は-40~+60℃と広く設計されており、さらにハウジングは防塵防滴のIP65レベルに適合した構造で...

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments