英弘精機株式会社 > 環境・気象 > 製品情報 > 太陽放射測定 > 日照計

日照計

日照計

WMOより、日照時間は、時間間隔で直達日射が120W/m2 を超えた場合と定義されています。直達日射又は全天日射データによる日照時間の測定や計算方法は、色々あります。 英弘精機では、直達日射及び全天日射測定に基づいた測定方法が3つあります。

最も正確に日照時間を測定する方法としては、MS-56直達日射計とサントラッカーSTR-21G/22Gでの測定です。次にお勧めする方法は、MS-093回転式日照計です。このセンサーは、直達日射のみを感知し、日射量が120W/m2を上回った際にデジタル出力を発します。最後に、日射計(日射計シリーズ)で全天日射量を測定する方法があります。直達日射量は太陽位置を計算する事により、予測する事ができます。

製品一覧

回転式日照計 MS-093
MS-093

回転式日照計MS-093は特別に設計された回転する反射鏡でとらえた直達日射を、分光感度が平坦な焦電素子に導き、パルス信号により日照を計測します。

WMO (World Meteor...

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2014 EKO Instruments