英弘精機株式会社 > 環境・気象 > 製品情報 > 太陽放射測定 > 紫外放射計

紫外放射計

一般気象、農業気象分野に関わらず、紫外線の計測は重要性が増しています。各種工業製品の曝露試験、医療分野など応用範囲は広がっています。
材料の劣化試験には、UV-A(315~400nm)の波長を測定可能なMS-212Aが使用されます。
日焼け皮膚がんに影響するとされる全天UV-B(280~315nm)は、最高でも全天日射量のわずか0.2%程度とされていますが、MS-212Wを使用することで、その正確な計測が可能となります。

製品一覧

A領域紫外放射計 MS-212A, B領域紫外放射計 MS-212W
1327

一般気象、農業気象分野に関わらず、紫外線の計測は重要性が増しています。各種工業製品の曝露試験、医療分野など応用範囲は広がっています。
材料の劣化試験には、UV-A(315~400nm)...

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments