英弘精機株式会社 > 環境・気象 > 製品情報 > 乱流計測装置シンチロメータ SLSシリーズ

乱流計測装置シンチロメータ SLSシリーズ

SLS20,SLS20A,SLS40,SLS40A

シンチロメータは、670nmレーザー光を使った乱流計測装置です。シンチロメータは、レーザー発信器、受信器、プロセッサユニット、処理解析ソフトから構成され、光路中の乱流による屈折率の変動をレーザー強度変動(瞬き)として捕らえ、屈折率変動の構造関数定数Cn2と内部スケールl0を求め、最終データとして顕熱/運動フラックスが得られます。

特徴

  • 100m~約200mのレーザーパス上の乱流データが素早く得られます。(平均時間は1分)
  • キャリブレーションの必要がなく、高精度、高分解能
  • 機器設置による乱れの誤差がありません。
  • 設置が容易
  • 設置用途にあわせて4機種を用意
1319

測定項目/範囲

屈折率変動の構造関数定数Cn2 1×10-16~3×10-12(m-2/3)
内部スケールl0 2~16(mm)
温度変動の構造関数定数CT2 1×10-4~3(km-2/3)
エネルギー消散率 ε 2×10-4~1(m2S-3)
顕熱フラックス 2~600(Wm-2不安定状態)
-2~-120(Wm-2安定状態)
運動フラックス 4×10-3~1.2(Nm-2)

仕様

レーザー光源 670nm 1mW
変調周波数 20kHz
電源電圧 12VDC(送信器バッテリー駆動可)
サイズ・重量 発信器 0.65×0.11×0.11m 2.9kg
受信器 0.65×0.11×0.11m 2.7kg

SLS20A及びSLS40Aは自動光軸調整機能付、特にSLS40Aはタワー計測に適しています。

外観

13191199

ダウンロード

関連ページ

本製品のカテゴリー:

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments