英弘精機株式会社 > 環境・気象 > 製品情報 > 自動土壌CO2交換測定システム ACE

自動土壌CO2交換測定システム ACE

特徴

  • 自動計測に対応
  • オープンモードおよびクローズドモードに対応
  • チャンバー直近にCO2分析計を設置
  • コンパクト・コンプリートシステム
  • 30台までのネットワーク計測が可能
  • イージーセットアップ&プログラム
1312

自動計測に対応

adc_ace-movie-web

ACEステーションの自動計測機能はチャンバーが自動的に閉じて土壌フラックス測定を開始します。
測定が終了すると自動的にチャンバーが元の開いた状態に戻ります。チャンバーが開いた状態ではACEステーションは省電力モードになります。

オープンモードおよびクローズドモードに対応

チャンバー直近にCO2分析計を設置

高精度IRGA(非分散型赤外吸収セル)が土壌チャンバーの隣に設置しており、タイムラグのない測定が可能です。

コンパクト・コンプリートシステム

ACEステーションはコントロールユニットから出ているアルミ製土壌チャンバーとピボットアーム、表示器、データ保存機能を持っており、独立した測定が可能です。ACEステーションの電源はバッテリーで供給可能です。通常40AhのバッテリーでACEステーションを約28日間使用可能です。

ネットワーク計測

457

30のACEステーションをコントロールユニットに接続する事が可能 です。また土壌チャンバーと分析セルが離れている分析計の様に長いチューブを配線する必要性はなくCO2濃度変化をレスポンス良く測定します。オープンチャンバーはチャンバー内部の圧力勾配を極力小さくするため圧力リリースバルブとファンを設置しております。

イージーセットアップ&プログラム

456

ACEステーションはチューブの接続、チャンバーとコントロール部のガスサーキットの設定をする必要がありません。コントロールユニットはディスプレイ表示になっており、5つのボタンで設定が可能です。土壌フラックス計算や他のセンサーのデータ表示、保存が可能です。データはコンパクトフラッシュカードに保存されます。

仕様

ACEステーション

CO2測定方式 非分散型赤外吸収法
差動オープン方式
クローズド方式
※土壌呼吸チャンバーに直接接続
CO2測定 測定範囲
分解能
0~40mmol/m3
0.1mmol/m3
光合成有効放射量(PAR)測定 0~3000μmols・m-2・s-1 シリコンフォトセル
チャンバー流量 クローズド方式:100~500ml/min 
オープン方式:200~5000ml/min
表示 240×64ドットマトリックスLCD
プログラム 5個のキーボタンにより設定可能
データ保存 コンパクトフラッシュカード
電源供給 外付け電源
※40Ahバッテリーにて約28日の連続使用が可能
RS232C出力 ボーレート19200
電気系接続 防滴型3ピンコネクター
寸法・重量 82×33×13cm 7.5kg(マスターコントロールユニット含まず)
使用環境温度範囲 -10~40℃
クローズドチャンバー容量 2.6L
オープンチャンバー容量 1.0L
土壌カラー直径 23cm
オプション 土壌温度測定・土壌水分測定

ACEマスターコントロールユニット

構造 スチール製絶縁エンクロージャー
接続 ACEステーションドッキングポート:30
バッテリーポート:2
寸法・重量 40×40×20cm ・ 12kg

外観

1312

関連ページ

本製品のカテゴリー:

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments