英弘精機株式会社 > 環境・気象 > アプリケーション(技術情報・使用事例) > 光合成有効放射(PAR)の測定

光合成有効放射(PAR)の測定

1437

光合成有効放射(Photosynthetically Active Radiation, PAR)は、400nm~700nmの分光範囲の放射量であり、1㎡当たりの1秒ごとの光量子の分子量で表されます。PARは、植物の成長に必要な化学反応である光合成を数値化するために重要です。

光量子量は、植物の反応スペクトルと同じ波長感度をもつ光量子センサーML-020Pで測定する事が出来ます。さらに精密な計測方法としては、ポータブル型分光放射計MS-720を使用すると、PARの全波長範囲に渡って10nmごとの分光放射量を測定する事が可能で、植物の種類に応じて、異なる反応スペクトルを用いての計算をすることもできます。

本記事のカテゴリー:

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments