英弘精機株式会社 > 物性・分析 > テクニカルセンター > 共同研究、コンサルティング

共同研究、コンサルティング

物性評価に関する弊社の経験とノウハウで皆様のお役に立ちます。

コンサルティング

物性評価について何でもご相談ください。

 

対象分野;レオロジー、 感触、食感、食品物性、 断熱、熱伝導

 

1.評価法のご提案

 品質管理、工程管理において最適な手法、条件をご提案します。

 

2.問題解決

 製品開発や製造上発生するレオロジーに関する問題について、評価法をご提案します。

 

3.校正法、トレーサビリティ

 粘度計の校正について、手法や必要な計測機などをご提案します。

 

共同研究

 論文、学会発表等に使用するデータの測定を請け負います。

材料物性、レオロジー評価について、当社デモ機にて測定、解析を行います。

 

 

1.レオロジー分野

 内容 材料の粘度、粘弾性を測定

 装置 動的粘弾性評価装置

 例:カーボン分散液の分散状態

   スクリーン印刷におけるかすれの解消

 

2.粒度分布

 内容 濃厚系サスペンジョンの粒度分布測定

 装置 超音波減衰式粒度分布測定装置

 例  SiO2 10vol%液の凝集状態評価

 

3.食品物性

 内容:食品の製造条件による物性の変化

     弾性、硬さ、粘着性

     食感、感覚の数値化

 装置:テクスチャーアナライザー(レオメーター)

 例: ゼリー強度、嚥下困難者食、開けやすいパッケージ

 

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments