英弘精機株式会社 > 物性・分析 > 製品情報 > 分散機 > ホモジナイザー(乳化)

ホモジナイザー(乳化)

cat_image70

ホモジナイザーは、混じり合わない2液にせん断をかけて、均質に混合させるための装置です。近接した内刃と外刃の間に局所的なせん断をかけ、本来混じり合わない2液を混合させます。

横型ホモジナイザー Dispermat ASの他に、縦型分散機に装着するSRユニットの2タイプがあります。Dispermat ASは循環式、SRユニットはバッチ式の乳化になります。

Dispermat ASのローターに取り付ける刃は、いくつかのタイプが用意されており、最適なせん断がかかるように工夫されています。

構造

原理

回転する櫛形の内刃と、固定された櫛形の外刃の間に、強力かつ局所的なせん断を発生させ、本来混じり合わない2液をせん断し、均質に混合します。

ローターの形状

内刃、外刃とも、櫛形形状になっています。Dispermat ASは、刃の大きさ・細かさが異なる、いくつかの形状を用意しております。

ローターの形状

シャフトの回転数

シャフトの回転数

強力なせん断を与えるために、一般的には高速回転を与えますが、サンプルの性質や、求められる乳化具合により、回転数は自由に制御されます。

分散に要するパワー

分散は、凝集体に加えられた物理的なエネルギーによって決まります。そのちからは、下記の式によって表されます

P = 2πn M [P : パワー n : 回転速度rpm M : シャフトがサンプルから受けるトルク]

特長

Dispermat AS

  • コンパクトな一体型構造です
  • パス式、循環式のどちらでも使用できます
  • いろいろな形状のローターを用意しております
  • Windisp PRO ソフトウェアを介して、乳化データを取得できます

Dispermat AS

SRアタッチメント

  • コどの縦型分散機にも装着できます
  • バッチ式乳化になります
  • 分散機とホモジナイザーが一台で兼用できるのでお得です

SRアタッチメント

主な用途

  • 食品の乳化
  • コーティング剤の乳化
  • 医薬品の乳化
  • 化粧品の乳化
  • 低粘度溶液の乳化

製品一覧

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments