英弘精機株式会社 > 物性・分析 > 製品情報 > 表面・界面特性 > 乾燥過程評価

乾燥過程評価

塗料やコーティングの乾燥速度の評価は、人の手による感触といった感覚的な方法、針を滑らせ抵抗を測定する機械的な方法などがあります。しかし、再現性に問題があったり、サンプルの膜厚を十分とらなければならない等問題がありましたまた、最近では化粧品、医薬品、ゲル等では乾燥をコントロールすることにより、機能性や使用感を向上させる研究が盛んに行われていますが、これらに適した評価法がありませんでした。

乾燥課程評価装置ホーラスでは、レーザーによる非接触測定で、塗膜やゲル内部の動きの変化を測定することにより、乾燥速度やメカニズムを測定することができます。また、非接触のため、基材や膜厚に制限が無く、実際の工程と同じ条件で測定することが可能となります。

従来の方法

従来の方法

ホーラスでの測定

ホーラスでの測定

製品一覧

このカテゴリーへの製品は現在登録されていません。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments