英弘精機株式会社 > 物性・分析 > 製品情報 > 示差熱熱重量同時測定装置 STA7000シリーズ

示差熱熱重量同時測定装置 STA7000シリーズ

STA7000_series

TG(試料の重量変化)とDTA(試料の温度差)を同時に計測できる装置です

TGでは昇華、蒸発、熱分解、脱水等、重量変化が見られる現象が対象となります。DTAではDSCと同様に融点、ガラス転移温度、結晶化といった転移点の測定が可能です。

特徴

・高いベースライン安定性

・新温度制御、冷却機能

・天秤ビーム交換がユーザー様サイドで可能

・Real ViewTG/DTA(試料観察)オプション対応(対応機種:STA7200RV)

・オートサンプラ(オプション)により、多数のサンプルを無人自動測定が可能

主な用途

ポリマー、化成品、食品、化粧品、医薬品などの酸化、熱分解、脱水などの重量変化。添加剤の定量。耐熱性。反応速度の解析など。

仕様

・天秤方式 デジタル水平差動型

・温度範囲 室温~1100℃(STA7200)
室温~1000℃(STA7200RV)
室温~1500℃(STA7300)

・TG範囲 ±400mg

・TG RMSノイズ/感度 0.1μg/0.2μg

・DTA範囲 ±1000μV

・DTA RMSノイズ/感度 0.03μV/0.06μV

・プログラム速度 0.01~150℃/min(STA7200)100℃/min(STA7300)

 

関連ページ

本製品のカテゴリー:

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments