英弘精機株式会社 > 物性・分析 > 製品情報 > TLC-MSインターフェース2

TLC-MSインターフェース2

TLC-MS-Interface-2_korr_s

TLC/HPTLCプレート上で分離した成分を直接質量分析計に送ることで同定などの分析が可能に

簡単にほとんどのタイプのMSと接続できます。TLCプレート上に展開された成分の抽出液を、迅速且つ簡便にMSへ直接導入することができます。プレートから成分を掻き取る必要がありません。

特徴

  • 展開後の薄層板上で分離サンプルの直接抽出が可能
  • あらゆるメーカーのLC-MS (ESI-MS, APCI-MS, APPI-MS)と接続可能
  • TLC/HPTLCプレートのサイズは選びません
  • 使い方は容易で操作も迅速

製品詳細

TLC-MS_016

抽出したいスポットにレーザーポインターを合わせ、抽出用ピストンをTLC板に押し付けます。 抽出用ピストンには抽出溶媒の配管があり、溶媒流路を切り替える事により抽出が開始します。対象物質はTLC/HPTLCプレートより直接抽出され、1分以内にMSの信号を得ることができます。

 

 

 

 

 TLC-MS_QDa_3

 

 

 抽出ヘッド: 抽出用ヘッド形状を選択できます

 

楕円抽出ヘッド                 円形抽出ヘッド

 

 楕円抽出ヘッド  4×2 mm                             円形抽出ヘッド 4×4 mm

仕様

使用プレート TLC/HPTLCガラスプレートまたはアルミナシート 最大 20 x 20 cm  担体の最大厚み 300µm
標準流速 50 – 300 µℓ/分
押しつけ圧 最大400 N
ガス供給圧 0.4~0.6 MPa(4 – 6 気圧)圧縮空気または窒素
寸法 W275, D425, H275mm
重量 14.5 kg

関連ページ

本製品のカテゴリー:

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments