英弘精機株式会社 > 物性・分析 > 製品情報 > 粘度計用ソフトウェア

粘度計用ソフトウェア

ソフトウェア

B型粘度計で、より高度なレオロジー測定を実施することができます。

ソフトウェアを使用することにより、フローカーブや時間依存・緩和測定など、より高度な材料特性を評価することができます。また、作業を効率化したり、再現性や測定精度を向上したりするような測定を実施することができます。

特徴

  • PCから粘度計をコントロール(RheocalcT、Rheocalc32)
  • リアルタイムでグラフを描画(Wingather、RheocalcT、Rheocalc32)
  • エクセルファイル(.exl, .csv)へのエクスポート機能(Wingather、RheocalcT、Rheocalc32)
  • レオロジーモデル解析(Wingather、RheocalcT、Rheocalc32)

製品比較

WingaterSQ PG-Flash RheocalcT
対応機種 DV1M DV2T
DV3T
DV2T
DV3T
測定 マニュアル測定 プログラム測定
粘度計制御
プログラム・マニュアル測定
PC制御
PC グラフ表示/データ取り込み プログラム作成 粘度計制御/グラフ表示/
プログラム作成/データ取り込み
グラフ表示 △※
レオロジー解析 △※
データエクスポート -
測定モード フローカーブ、時間依存、温度依存、TI値、緩和測定、降伏応力

DV3T使用時

WingatherSQソフトウェア

  • DV1M用データ取り込みソフトウェアです。
  • 回転数の変更など、粘度計のコントロールはマニュアル操作で行い、出力されたデータをリアルタイムでグラフ化します。

Btype-011 Btype-012

 

PG-Flashソフトウェア

  • DV2T、DV3T用のプログラム作成専用ソフトウェアです。
  • 回転数の変更など、測定プログラムを作成することができます。
  • 作成したプログラムをUSBメモリ経由でDV2T/DV3Tに保存すれば、PC無しでプログラム測定することが可能です。

ソフトウェア_4

 

RheocalcT、Rheocalc32ソフトウェア

  • 粘度計をPCから制御することができます。
  • 本ソフトウェア上でプログラムの作成、実測定、測定データの管理、測定結果のレオロジーモデル解析を行う事ができます。
  • 複雑な測定条件をソフトウェア上で設定できます。フローカーブ、温度依存、硬化過程などの解析が行えます。
  • 粘度、せん断速度、せん断応力、時間、温度、回転数など様々なパラメーターでグラフ表示可能です。
  • RheocalcT は粘度計DV2T/DV3Tに対応しており、Rheoocalc32はDV-Ⅱ+pro/DV-ⅢUltraに対応しています。

ソフトウェア_5

 

ソフトウェア_6

ダウンロード

各ソフトウェアのアップデートパッチファイルをダウンロードできます。

関連ページ

本製品のカテゴリー:

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments