英弘精機株式会社 > 物性・分析 > アプリケーション > えん下困難者用食品の測定

えん下困難者用食品の測定

  1. 測定内容

    消費者庁の特別用途食品の中に定められる、えん下困難者用食品の測定方法に従い、テクスチャーアナライザーを用いて市販の食品を測定しました。 

    測定条件

     試料を直径40mm、高さ20mm(試料が零れる可能性がない場合は、高さ15mmでも可)の容器に高さ15mmに充填し、直線運動により物質の圧縮応力を測定することが可能な装置を用いて、直径20mm、高さ8mm樹脂製のプランジャーを用い、圧縮速度10mm/sec、クリアランス5mmで2回圧縮測定する。測定は、冷たくして食するまたは常温で食する食品は10±2℃及び20±2℃、温かくして食する食品は20±2℃及び45±2℃で行う。

  2. 嚥下困難者用食品 測定法
  3. 使用した治具

    ・直径40mm、高さ20mmのカップ

    ・直径20mm、高さ8mmの樹脂製プランジャー

     嚥下困難者用食品用

    測定結果及び解析結果例

     えん下困難者用食品測定例

     

     関連商品

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
© 2017 EKO Instruments