英弘精機株式会社 > 物性・分析 > アプリケーション > 多糖類水溶液の粘度測定

多糖類水溶液の粘度測定

測定の目的

カルボキシメチルセルロース水溶液の定常流粘度フローカーブ測定を行い、その測定再現性を評価する。

装置

BK-003使用装置:コーンプレート型粘度計DV2TCP

オプション:少量サンプルアダプター

 

 

測定条件

温調は外部循環恒温槽を用いて23.0℃に設定しました。

 0.5→100 rpm(0.17→34 sec-1) 10ステップ 
各回転数での保持時間は、30秒としました。

サンプルを入れ替えて2回測定を行いました。

考察

 BK-006

 CMC水溶液の各速度での粘度値を測定し、プロットしました。測定は2回行いましたが、誤差はトルクで1%以内に収まっていました。

このように、RVDV2Tでは少量サンプルアダプターを付加することで、せん断速度を規定し、且つ再現性よく粘度測定することが可能です。

関連商品

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments