英弘精機株式会社 > 物性・分析 > アプリケーション > インクジェット用低粘度インクの粘度評価

インクジェット用低粘度インクの粘度評価

測定の目的

低粘度インクの粘度測定を行い、繰り返し測定の精度を確認する。

装置

DV2T-CP-R-cus使用装置:コーンプレート型粘度計DV2TCP

 

 

測定条件

温調は外部循環恒温槽を25.0℃に設定しました。

 10→50rpm(75→375 sec-1)9ステップ
各回転数の保持時間は20秒としました。

考察

BK-009

 本サンプルはせん断速度を変えても粘度値が変化せず、ニュートン流体の性状を示しました。3回の測定における各速度ポイントのブレは、トルク1%以内に収まっていました。

このように、LVDV2Tコーンプレート型で低粘度のサンプルを精度よく測定することが可能です。

関連商品

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
  • 修理・サポート

イベント情報

© 2017 EKO Instruments