英弘精機株式会社 > イベント情報 > 太陽光発電 > 第12回 再生可能エネルギー世界展示会 [横浜 17年7月5日(水)~7月7日(金)出展]

イベント情報

第12回 再生可能エネルギー世界展示会 [横浜 17年7月5日(水)~7月7日(金)出展]

新エネルギーへの注目と期待が高まる中、来る7月5日(水)より、第12回再生可能エネルギー世界展示会が、パシフィコ横浜にて開催されます。弊社では太陽光発電のO&Mに必須となる各種日射計をはじめ、気温計、気象変換箱、PVストリングアナライザ、ポータブルI-Vチェッカーを展示・紹介致します。風力発電向けには、ドップラーライダーシステムをはじめ、風況計測から発電効率の向上に貢献する計測機器をご紹介致します。また7月7日(金)12時より展示会場内特設会場の出展社ワークショップにて「太陽光発電用高精度全天日射計・直達日射計のご紹介」と題し講演を行います。当展示会にご来場の際には、是非とも弊社ブースにお立ち寄りいただけますようお願い申し上げます。

開催概要

開催日時

2017年7月5日(水)~7月7日(金) 10:00~17:00

会場

パシフィコ横浜展示ホール(C・D)・アネックスホール

英弘精機 展示ブース番号 R-2113

http://www.pacifico.co.jp/visitor/access/tabid/236/Default.aspx
参加費

無料(登録入場制)
事前登録もしくは当日に会場の受付にて登録をして入場。

定員

英弘精機ブースの見どころ

太陽光発電用 日射計 気温計

弊社は全てのISOクラスの日射計を生産する国内唯一のメーカーです。新製品の精密全天日射計MS-80、高精度直達日射計MS-57をはじめ、気温計、複合気象センサーや気象変換箱を展示します。

PVストリングアナライザ MP-21

太陽光発電サイトでは直流システムの保守管理が重要です。本機はストリングのインピーダンス、直列抵抗等を計測し、断線箇所や地絡発生個所の特定やバイパスダイオードの短絡、開放故障を検出することが可能です。

風況観測用ドップラーライダーシステム

風力発電の事前の風況計測は発電事業の採算性に大きく関わります。ドップラーライダーはレーザーを用いて計測しますので、従来の風況ポールでは計測が難しい高度や場所の風況を計測可能です。

ポータブルI-Vチェッカー MP-11

太陽電池の出力は、その時の日射量に応じて最適な電流、電圧の関係が変化します。本機種はそれらの特性を瞬時に測定することができます。太陽光発電所建設時の検査、保守点検やメンテナンス・故障診断等にご利用いただけます。

 

 出展者ワークショップ

第12回 再生可能エネルギー世界展示会の出展者ワークショップにて、
太陽光発電用高精度全天日射計・直達日射計のご紹介」の講演を行います。 展示会にご来場の皆さまには、是非こちらのワークショップにもご参加ください。

開催概要

講演タイトル: 太陽光発電用高精度全天日射計・直達日射計のご紹介

開催日時 : 2017年7月7日(金) 12:00~12:45

会場 : パシフィコ横浜展示ホール(C・D)特設会場

参加費 : 無料(特設会場入口にてお名刺を頂戴いたします。)

展示会主催者サイト

http://www.renewableenergy.jp/2017/index.html

 

 

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
© 2017 EKO Instruments