英弘精機株式会社 > お知らせ > 新しい”Nami”ソフトウェア

新しい”Nami”ソフトウェア

150531-02-Nami

数十年前からEKOは、複数のユーザーグループからの複雑な疑問を対処する、最先端の屋外分光放射計の開発における先駆者でした。長年のハードウェア開発の成功に基づき、今回EKOから新しい “NAMI”ソフトウェアをご紹介します。

ご紹介する分光放射計用ソフト“NAMI”はこれまで分割していたデータ収集用(WSDaq)ソフトと、データ閲覧用(WSDisp)ソフトを一体化して、更に機能を追加した新しいソフトです。“NAMI”は“波”が基となって名付けました。

屋外放射計で培ってきた先駆者としての技術を更に発展させて、より使いやすい“NAMI”を開発しました。

NAMIのユーザーインターフェースのデザインは、使いやすさと最適化に重点を置きました。そして最近発売しましたEKO RSB-01S回転式シャドーバンド分光放射計システムのソフトとも共通化させました。NAMIの増設された閲覧機能で、現在と過去のスペクトルを素早く切り替えることができます。データを閲覧しながら、データを他のソフトウェアに移動させることなく、レポートを作成することができます。この他にASTM G173等の基準スペクトルを取り込みました。

EKOは様々なユーザーコミュニティに対応可能なソフトウェアプラットフォームの提供に取り組んでいます。お客様の研究範囲(一般気象、植生、太陽光発電、材料分析等)に関わらずユーザーが、EKO分光放射計とNAMIソフトウェアはお客様のニーズを満たしてと共に発展して参ります。NAMIには、今後とも様々な分野のアプリケーションを対象とした新機能を組み込んでいく予定です。詳細は、EKO担当者にお問い合わせください。お客様のアプリケーションにおける問題解決をお手伝いします。

 

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

  • メールマガジンのご登録
© 2019 EKO Instruments